東武東上線の特徴

東武東上線の特徴

 

東武東上線は、東京都池袋から埼玉県寄居までを結ぶ長距離路線です。通勤に非常に便利で、サラリーマンに重宝されています。途中の川越、朝霞台、和光で都心に向かう各路線に乗り換えられるということ、急行に乗れば川越-池袋間を僅か30分で移動することができ、郊外からの出勤が容易であることが大きな要因です。また東京メトロ有楽町線・副都心線とも直通便もあるため横浜中華街や有楽町まで乗換なしで向かうこともできます。郊外に大きな4LDKの物件を借りて、職場まで1時間で通勤したい・・・
そんな方にはまさにうってつけの路線です!!ほとんどの駅前には東武ストアが隣接しており、夜遅くに仕事から帰ってきても買い物ができるという、一人暮らしの方でも暮らしやすい環境が整っています。

≪地価が安い!≫

東武東上線は家賃が安い物件が多いことも大きな特徴の一つです。東京都23区内で家賃が安いエリアのトップ5に入る板橋区と練馬区を通り埼玉県に向かうため、他の路線に比べて平均家賃が非常に安く、他の地域と同じ家賃でもより綺麗でより広い物件を選ぶことができるのです。川越では都心の半額の家賃で家を借りられることも!!もちろん、都心から離れれば離れるほど家賃は安くなりますので、通勤・通学時間よりも物件自体の質をお求めの方に最適といえます。

沿線では大規模な再開発が次々と進められ、巨大なショッピングモールが建設されるなど、今最も熱い路線の一つとしてテレビ等でも取り上げられる機会が増えてきています。今は乗降者数が少ない駅でも、将来的にはかなりの数の上昇が予想されますので、今後はますます便利な路線になっていくと見ていいでしょう。この機会に是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

»東武東上線沿線の人気駅ランキングはこちら!

 

»東武東上線の新築マンションの賃貸価格相場はこちら!

^